ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

突然表示されるパソコンの警告画面は詐欺です

非常に多くのお問い合わせがございます。

パソコン画面に突然現れる警告画面は詐欺です。

電話をするよう促すれますが、絶対に電話をしてはいけません。

その画面を閉じるか、閉じれない場合はパソコンを一旦終了させてください。

どちらの操作もできな場合は、キーボードの左下のほうにある「 ctrl 」と「 alt 」を同時に押しながら、さらにキーボードの右上のほうにある「 delete 」を同時に押してください。

右下のほうに電源マークがありますので、「再起動」をクリックしてください。

2023年02月03日

パソコンが遅い~それはアップデートが原因かも

よくあるご依頼です。

パソコンの起動が遅い、反応が鈍い・思い

お伺いして拝見したところ、WindowsのUpdateが動作しており、それが原因で遅くなってる場合が多々あります。

Windowsは最低でも月に一回はUpdateしています。
このUpdateはパソコンが起動すれば目に見えない状態、裏で勝手に更新作業を行っていますので、特に何もしなくても自動的にアップデートされています。

しかし、パソコンを使うとき、必要な作業を行って、すぐに終了するという状態を繰り返せば、アップデートが出来ず、どんどんUpdateがたまって行きます。

ご訪問時には、Updateが全て完了させてから動作確認を行ってもらいます。
ほとんどの場合は、これで通常の動作スピードに戻ります。

ぜひ、行っていただきたいこと

パソコンを起動し、必要な作業が完了しても
すぐにはパソコンを終了させず
しばらくは起動した状態にしておいてください。

ノートパソコンの場合は画面を閉じず、開いたままにしておいてください。

ご依頼いただく前には、パソコンを起動したまま30~60分程度のあいだ起動したままにして様子を見てくださいね。

2023年01月20日

ネット検索中、固まった画面に「警告」 は詐欺です

固まったように見える警告画面の消し方です。

  • キーボードの左下にある「CTRL」ボタン、その上にある「Shift」ボタン、左上にある「ESC」ボタンを確認
    「CTRL」ボタンと「Shift」ボタンを押したまま、「ESC」ボタンを押します。
  • タスクマネージャーが開きます。
    タスクマネージャーは上記の画像の場合
    あるいは、右側の簡易表示の場合があります。

    簡易表示の場合も、お使いのブラウザを右クリックして
    現れるショートカットメニューのなかにある
    「タスクの終了」をクリックしてください。

    右の画面ではMicrosoft Edge
    他には、Google Chromeなどがあります



  • タスクマネージャーの中にホームページを閲覧しているブラウザがあるので右クリックし
    現れたショートカットメニューにある「タスクの終了」をクリックします。
    (上記の例では、Microsoft Edge、他には、Google Chromeなどがあります)

この方法で消えない、再起動するとまた現れるなど、ご自身で解決できない場合は、出張サポートをご下命下さませ。

2023年01月08日

Googleの画像検索の結果画面の印刷で画像が印刷されない

お客様から印刷機の調子が悪いから見てほしいとのご依頼がありました。

お伺いし、実際に印刷されたものを拝見させていただきました。
Googleの画像検索結果を印刷されたようですが、画像が一切印刷されてない状態でした。

お使いのブラウザはChrome(Edgeでも同じ)

印刷の詳細設定で「背景のグラフィック」にチェックが入っていないと画像が印刷されません。

印刷の詳細設定で背景のグラフィックにチェックを入れて解決しました。

作業時間は数分でしたので、今回は出張料1,000円のみで対応させていただきました。

2022年12月26日

容量がいっぱいになったと表示されて困られたお客様から相談がありました

Windowsパソコンをご利用のお客様から、容量がいっぱいになり、「追加のストレージを取得」を促されるがどうすればよいかとのご相談がありました。

拝見したところパソコンの記憶装置(今回の場合はSSD)は500GBで、まだ400GB以上の空きがあります。
今回のアナウンスはマイクロソフトのクラウドストレージであるOneDriveの空き容量が少なくなったために表示されたものでした。

最近のWindowsパソコンは、初期設定時にOneDriveというクラウドストレージを利用する設定が標準になっています。
このOneDriveなんですが標準では5GBなのでパソコンの記憶領域がいくら空いていようと5GBに近づくと有料で容量を増やすためのアラートが表示されてしまします。(安全に保管することで料金収入を得よういうマイクロソフトの策略?)

  • OneDriveに十分な空き領域がありません
  • OneDriveは(数字)%いっぱいです
  • 使用可能な容量が(数字)GBしかありません
  • 空き領域は(数字)MBしかありません
  • ファイルの同期を継続するには、さらに多くのストレージが必要です

これはパソコンのセットアップ時に、OneDriveを使用してファイルをバックアップする設定をなさったからです。

この設定をすると[デスクトップ]、[ドキュメント]、[画像]フォルダーはOneDriveに保存されます。

昔のパソコンは初期設定では、使っているパソコンのみにデータが保存されていましたが、最近のWindowsパソコンは初期設定時にOneDriveを利用する設定が行われてしまいます。

このOneDriveを使うとパソコンが壊れた時にもデータがバックアップされており安全と言えば安全なんですが、OneDriveの初期容量は5GBしかありません。
そのため、ちょっと使っていると容量がいっぱいになってしまいます。

OneDriveの容量がたりなくなった時、有料で容量を増やすこともできますが、今のパソコンは数百GB以上の記憶容量がありますので、お金を払って容量を増やさなくても使っているパソコンのみに保存する設定にすれば解決します。

自動でバックアップをしないので、自分自身でバックアップをするとか
重要なデータのみをOneDriveフォルダに入れてバックアップするような使い方が必要です

OneDriveの利用停止の方法は以下の通りです。

1.パソコン右下のOneDriveアイコン(雲の絵)をクリック

2.歯車をクリック

3.設定をクリック

4.バックアップをクリック

5.バックアップを管理をクリック

6.バックアップを停止をクリック

7.念を押してくるのでバックアップを停止をクリック

これで、これ以降[デスクトップ][ドキュメント][画像]フォルダーの各データはローカール(自分のパソコンの記憶領域)に保存されるようになりますが、今までのデータがOneDriveにある状態(自分のパソコンにない状態)となります。

[デスクトップ]、[ドキュメント]、[画像]の各フォルダーの中には、

ファイルの場所というアイコンがありますのでそれをダブルクリックで開くと今まで保存していたOneDrive内のデータがあります。

これらの全データを[デスクトップ]、[ドキュメント]、[画像]の各フォルダーに移動させて作業は完了です。

私の場合、日ごろ使う更新の多い重要なデータのみをOneDriveフォルダに入れてバックアップ、それとともに外付けの記憶装置(USBメモリや外付けHDD・SSD)にも全データをバックアップしています。

今回の作業、自分で行うのに躊躇なさいますようなら、ぜひ当店の訪問サービスをご利用くださいませ。

  • ご利用料金 5,000円(明細は以下の通りです。)
  •   出張料金 1,000円(西宮市、芦屋市・・一部地域を除く)
  •   作業料金 4,000円(1時間:30分ごとに2,000円×2)

 

お気軽にご相談くださいませ。

2022年11月23日
» 続きを読む