ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

パソコンで一番壊れやすい記憶装置(HDDやSSD)の健康診断を定期的に行いましょう

パソコンで一番壊れやすいのがハードディスク(HDD)やソリッドステートドライブ(SSD)

そしてHDDやSSDは、パソコンの記憶装置なので、壊れるとパソコンが起動しなくなるだけではなく、いままで保存していたデータが無くなってしまします。
※壊れた記憶装置からのデータ救出については当店のブログ「データ復旧、データ救出|誤って消したデータの復元」ページをご覧ください。

そんな大事な記憶装置(HDDやSSD)の健康状態を常日頃からチェックしておけば安心です。

その記憶装置(HDDやSSD)の健康状態をチェックできるソフトをご紹介します。
※当店でも記憶装置の異常をチェックするために利用しています。

CrystalDiskInfo

インストールの方法は以下の通りです。

  • 以下のページにアクセス
    https://crystalmark.info/ja/software/crystaldiskinfo/
  • 「ダウンロード」をクリック
  • 「インストーラー」をクリック
  • 「開く」をクリック
    Edgeの場合は右に現れるダウンロードの「開く」をクリック
    Chromeの場合は左下の「V」をクリックしてから「開く」をクリック
  • このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますかでは「はい」をクリック
  • 「同意する」をクリックしてから「次へ」をクリック
  • 「次へ」をクリック
  • 「次へ」をクリック
  • 「次へ」をクリック
  • 「インストール」をクリック
  • 「完了」をクリック
  • CrystalDiskInfoが開きます。
    健康状態が正常であることを確認
    代替処理済みのセクタ数が0であること
    代替処理保留中のセクタ数が0であること

次回からはデスクトップにるCrystalDiskInfoアイコンを開けば、いつでも健康診断が可能です。

CrystalDiskInfoアイコン

※このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますかでは、「はい」をクリック

他には、アイ・オー・データ機器というメーカーが無償で提供する「診断ミレル」というソフトもあります。
https://www.iodata.jp/product/hdd/info/hdd-mireru/
「正常」「注意」「危険」「不明」4段階で結果がわかります。
ただ、この判定は使用時間が大きなウェイトを占めるようです。
前出のCrystalDiskInfoで正常と診断された使用時間が長いハードディスク(HDD)が「注意」「危険」と判定されてしまいました。

記憶装置(HDDやSSD)の健康状態チェックは
定番の「CrystalDiskInfo」が良いと思います。

なお、記憶装置(HDDやSSD)の健康状態チェックで問題があれば
すぐにデータをバックアップしたうえで修理をなさってくださいね。

よくわからない、自分での修理は無理と思われた際は、ぜひ当店をご利用くださいませ。

2022年09月19日

今見てるWebページをまた見たい|Edgeのお気に入りに追加する方法

インターネットを閲覧するためのEdge
今見てるWebページをまた見たい時には、お気に入りに追加しておきましょう

Edgeでのお気に入り登録の方法は以下の通りです。

  • EdgeアイコンEdgeで今見ているWebページお気に入り登録
  • 右上にある「お気に入りアイコン」をクリック
    お気に入りアイコン
  • 「お気に入りに追加」アイコンをクリック
    お気に入りに追加アイコン
  • これで今見てるWebページがお気に入りに追加されました。
    あとで見たいと思ったときは、右上にある「お気に入りアイコン」をクリック
    お気に入りアイコン「お気に入りアイコン」をクリックすると、いままでお気に入り登録したWebページがズラッと出てきます。
    順番は上は古いものから始まり、下のほうは新しく登録したWebページとなっています。
    順番を変えたければ、該当のWebページをクリックしたまま移動させればOKです。
    また、もういらないと思うWebページは右上にあるして現れるショートカットメニューで「削除」をクリック

私の場合は、こまめに削除をしてお気に入りをすっきりさせるようにしています。

2022年09月12日

古いパソコンのハードディスク(HDD)をソリッドステートドライブ(SSD)に換装しました

古いノートパソコンをお使いのお客様から、少しでも快適に使えるようにしたいとのご相談をお受けしました。

今回はハードディスクドライブ(HDD)をソリッドステートドライブ(SSD)に換装しました。

パソコンの能力は、CPU やメモリといったもので左右されますが、それよりもデータの読み書きが遅いハードディスク(HDD)が足を引っ張っています。
ハードディスクドライブ(HDD)よりソリッドステートドライブ(SSD)のほうが読み書きの速度が約10倍程度アップします。
そのまま10倍速くなるとは言えませんが、体感的に数倍の処理速度となりますので非常に快適となります。

お預かりしての作業となります。

出張料 2,000円(引き取りとお届け)
基本料金 2,000円
HDDのエラーチェックと修復 1,000円(チェックを行いエラーがあれば修復します)
クローン作成 3,000円(HDDの全データをSSDに移す作業です)
部品代 7,000円(SSD 500GBの場合)
ご利用料金は合計で、15,000円(税込)となりました。

お客様からは、パソコンの起動も早くなり、インターネットのホームページの閲覧も早くなったと喜んでいただきました。

2022年09月09日

Edgeに保存された各種サイトへログインするための「ユーザー名」と「パスワード」を確認する

インターネットでWebサイトを閲覧するのに利用するMicrosoftのEdge

ログインが必要なサイトの「ユーザー名」と「パスワード」を保存されています。
今回は、その「ユーザー名」と「パスワード」を一覧として取り出す方法をご案内します。

  • MicrosoftのEdgeを開きます。
  • 右上にある「 ・・・ 」をクリックして、「設定」をクリック
  • 「パスワード」をクリック
  • 保存されたパスワードの右にある「 ・・・」をクリックして、「パスワードのエクスポート」をクリック
  • 確認がありますので「パスワードのエクスポート」をクリック
  • パソコンを起動するときのPINコードかパスワードを入力
  • 保存先はわかりやすいように、「デスクトップ」を選択して、「保存」をクリック
  • デスクトップをご覧になると「Microsoft Edge のパスワード」というファイルができています。

このファイルは大変重要ですので取扱いにご注意なさってくださいね。

2022年09月06日

大音量で警告音が鳴り、警告メッセージ、電話するように表示

本日ご依頼いただいた案件です。

大音量で警告音が鳴り、警告メッセージ、電話するように表示されて、電話をしてしまったとのこと。

それを見ていたお嬢様がピンときて110番
警官が来て、それは詐欺だから電話を切ってパソコンの電源を止めるように説得されたそうです。
※警官の指示は間違っていません。

当店への依頼は、このパソコンをこれまで通り使いたいからチェックしてほしいとのこと。

当店のブログ「サポート詐欺、警告詐欺に注意してください」で、こんな時はどうすればよいかをご案内しています。

お伺いして、ネットでつながない状態で、「設定」から「アプリ」、「アプリと機能」を選択して、インストール日付順から、最新のソフトをアンインストール。

次に、当店のブログ「ウイルス感染の診断(セカンドオピニオン)」でご案内している、MicrosoftのSafetyScannerでウイルスチェック。(このMicrosoftのSafetyScannerはネットにつないでない状態(オフライン)でもダウンロード後10日間は使用できます。今回は当店のパソコンでチェック当日にダウンロードしたSafetyScannerでチェックしました。)

また、当店のブログ「パソコンが重い、変な画面が出てくる|アドウェアのせいかもしれません」でご案内していAdwCleanerでアドウェアのチェック。

ウイルスチェックやアドウェアチェックで問題がなかったためインターネットに接続。

ネットを閲覧するためのMicrosoftのEdgeを開くと右下に警告アラート
Edgeの「設定」から、「プライバシー、検索、サービス」、「閲覧データをクリア」で「今すぐ閲覧データをクリア」
これで警告アラートは出なくなりました。

このお客様は、無料のウイルス対策ソフトをお使いでした。
今回の警告メッセージはウイルスではないので直接は関係ありませんが、出来ればちゃんとしたウイルス対策ソフトを使われるほうが安心です。
ドコモ光をご契約でしたので、無料で使用できる「セキュリティ対策ツール」が利用可能でしたので、ダウンロードしてインストールを行いました。(インストール時に光回線契約時の書面に記載されている[ お客さま ID ] 、[ アクセスキー ] が必要です。)
インストール後に「セキュリティ対策ツール」で改めてウイルスチェックを行い、安全であることを確認しました。

また、このセキュリティ対策ツールはウイルスバスターを提供しているトレンドマイクロのものであることから、トレンドマイクロが提供するEdge用の拡張機能「Trend ツールバー」が利用可能なのでインストールして機能追加しました。
「Trend ツールバー」はWebサイトに関連するセキュリティリスクについて警告してくれますし、広告のブロック機能もあります。

インターネットの閲覧中に、大音量で警告音が鳴り、警告メッセージが表示されるのは、悪意ある業者が発信する迷惑広告です。

今回行わせていただいた各種作業で、まずは安心して今後も同じパソコンをお使いいただけると思います。

ただし、Edgeに保存されていた各種サイトへログインするための「ユーザー名」と「パスワード」を見られた可能性を否定できないため、全てのサイトへの「パスワード」を変更されるようにアドバイスを行いました。

Edgeに保存されたユーザー名やパスワードの一覧を取り出す方法を、当店のブログ「Edgeに保存された各種サイトへログインするための「ユーザー名」と「パスワード」を確認する」でご案内しています。ご参照ください。

2022年09月06日
» 続きを読む