ブログ一覧

Windows11の中古パソコンは要注意

Windows11の中古パソコンを購入は要注意です。

ヤフオクやAmazonなどで販売されている中古パソコン
Windows11のものがありますが、Windows11の要件を満たしていないパソコンが多々あります。
要件を満たさなくてもWindows11をインストールする方法がMicrosoftからも公表されています。
でもWindows 11の非対応PCはWindows 11のWindows Updateの対象外とするとも公表しています。

それに加え、ワードやエクセル、パワーポイントといったMicrosoft Office製品がついてるパソコンはますます怪しい!

ライセンス違反品である可能性があります。

Windows11、Microsoft Officeどちらも問題なく使える場合が多いのですが、ある日突然使えなくなる場合があります

Windows11の要件を満たす中古パソコンは実売で6万円以上となっています。
そのお値段なら、もう少し頑張って新品パソコンを購入なさるのが良いかと思います。

なお、当店はパソコンのサポート業務を行っていますが、ライセンス違反品や非対応パソコンにWindows11が無理やりインストールされたパソコンのサポートはできかねます。

2022年06月30日

パソコンのパフォーマンスを調べる

自分の使っているパソコンの処理能力(パフォーマンス)は、タスクマネージャーで見ることができます。

  • キーボードの左下にある「CTRL」ボタン、その上にある「Shift」ボタン、左上にある「ESC」ボタンを確認
    「CTRL」ボタンと「Shift」ボタンを押したまま、「ESC」ボタンを押します。
  • タスクマネージャーが開きます。
    上のように簡易画面が現れた場合は「詳細」をクリックしてください。
    タスクマネージャーの上部にある「パフォーマンス」をクリックしてください。
  • タスクマネージャーで、CPU、メモリ、ディスクの稼働状況がわかります。

それぞれの数値が100%か、それに近い値になっていれば、その時点でパソコン能力の全てを出し切っている状況です。

Windows Updateなどで更新中はいずれの数値も高く、余力がないため、様々な作業が重くなります。(遅くなります)
その場合は、しばらく様子を見て、数値が下がれば余力ができ、ある程度快適に使えると思います。

ただ、メモリが少ない場合はディスクをメモリ代わりに使うため、いつまでもディスクの数値が高いままとなります。

いつまでも数値が高い場合は出張サポートをご用命いただければ、お伺いして数値が高い理由を調べたり、メモリの増設やディスクを処理速度の速いSSDへの換装といった作業のご提案も可能です。

2022年06月27日

インターネット回線の乗り換えは熟考を

電話の勧誘、家電量販店での勧誘、携帯ショップでの勧誘
今より、安くなる早くなるなどと言っての勧誘があります

インターネット回線の乗り換え勧誘に注意

その勧誘は正しいでしょうか?

最近、インターネット回線を乗り換えたお客様からの相談が増えています。

電話勧誘で言われるがまま乗り換えたが、ホームページの閲覧メールが使えなくなった

安くならない早くならない

新しい業者は回線の開通までは行いますが、パソコンの設定をしないところもあるようです。

ひどい例では電話が使えなくなったお客様もおられます。

勧誘の言うことをうのみにしてはいけません。

そもそも現在のインターネット回線(プロバイダ)の使用料金は把握していますか?
お使いのパソコンの処理能力を把握していますか?
まずは現状をしっかりと把握してから判断してください。

早くならないと相談をいただくお客様の場合は、パソコンが古いため(処理能力が低いため)、いくら早いインターネット回線を契約しても、ネットの閲覧は早くなりません。

パソコンの処理能力(パフォーマンス)を調べるブログ記事も参照なさってください。

2022年06月27日

サポート詐欺、警告詐欺に注意してください

あわてないでください。ウイルスに感染した、システムエラーなどの警告は嘘です。

色々なホームページを閲覧していると、突然、偽の警告画面が現れることがあります。

このような画面が現れた場合は、どこかをクリックしたり、掲載されている電話番号に電話をしないでください。

サポート詐欺です。

表示される内容(ウイルス感染やシステムエラーなど)は嘘です。

この画面を終わらせるためには以下の手順でブラウザを終了させてください。

  • キーボードの左下にある「CTRL」ボタン、その上にある「Shift」ボタン、左上にある「ESC」ボタンを確認
    「CTRL」ボタンと「Shift」ボタンを押したまま、「ESC」ボタンを押します。
  • タスクマネージャーが開きます。
    タスクマネージャーは上記の画像の場合
    あるいは、右側の簡易表示の場合があります。

    簡易表示の場合も、お使いのブラウザを右クリックして
    現れるショートカットメニューのなかにある
    「タスクの終了」をクリックしてください。

    右の画面ではMicrosoft Edge
    他には、Google Chromeなどがあります



  • タスクマネージャーの中にホームページを閲覧しているブラウザがあるので右クリックし
    現れたショートカットメニューにある「タスクの終了」をクリックします。
    (上記の例では、Microsoft Edge、他には、Google Chromeなどがあります)

この方法で消えない、再起動するとまた現れるなど、ご自身で解決できない場合は、出張サポートをご下命下さませ。

2022年06月23日

迷惑メール、詐欺メールにご注意ください

毎日届く様々な迷惑メール、詐欺メール、脅迫メール

迷惑メール、詐欺メール、脅迫メール

Amazon、えきねっと、au、Yahoo、ヨドバシ、ビックカメラ、NHK、各種クレジットカード会社などをかたった詐欺メール
はたまた、パソコンをハッキングしたのでお金(ビットコインで)払えという脅迫メール

私はメーラーとしてOutlookを使用、アドインで迷惑メール対策ツールを使っていますので、これらのメールは全て「迷惑メールフォルダ」に入ります。
ただ、迷惑メールでないものも「迷惑メールフォルダ」に入ってしまうことがあるため、迷惑メールに分類されたメールも件名を全てチェックしています。チェック後は「迷惑メールフォルダ」を右クリックして空にしています。

  • アダルト系、出会い系
  • 会員情報の確認利用状況の確認など ← 今はこれが一番多いと思います
  • お金儲け、当選通知
  • 脅迫メール、恐喝メール

これらのメールは基本的に件名だけ確認して削除することです。
でも、思わず開いてしまうときもあります。
開くだけで感染するものも無いとは言い切れませんが、まずは開くだけなら大丈夫。
メールの中に記載されたURLはクリックしないこと、もしクリックしてしまっても連絡をしたり、必要条項を入力しないようにしてください。

好奇心、焦燥感、恐れや不安、名誉や金銭欲、人の感情につけこむメールに要注意です。

あなたのアカウントを停止します、お支払い方法に問題があります、ロックしています、会員情報の更新、ご利用確認、アカウントを停止する、自動退会処理するなどと記載されたメールは、全てと言ってよいほど偽のメールです。

それとOSを最新の状態にアップデートしておく、ウイルス対策も最新の状態にしておくようになさってくださいね。

2022年06月18日

パソコンが重い、変な画面が出てくる|アドウェアのせいかもしれません

動作が重くなった、変な広告(不安をあおるような広告)が現れるようになったなどの症状が出ていれば、知らない間にアドウェアや不審なプログラムがインストールされてしまった可能性があります。

そのようなパソコンのパフォーマンスや安定性の低下を引き起こす不要ファイルや設定、ブラウザのアドオンなどをクリーンアップしてくれるソフト「AdwCleaner」のご紹介です。

ここで紹介する「AdwCleaner」は、パソコンのパフォーマンスや安定性の低下を引き起こす不要ファイルや設定、ブラウザのアドオンなどをクリーンアップしてくれるソフトです。

  • 以下のURLを開きます。
    https://www.malwarebytes.com/adwcleaner
  • ダウンロードしたファイルを開きます。
    「はい」をクリックします
  • 有料バージョンを購入するように案内されますが、一番下をクリックして次に進んでください。
  • メールアドレスの入力は不要です。
  • 脅威が見つかればリストアップされますので、「隔離」ボタンをクリックします

ご自身で行うのが不安な方は出張サポートをご下命下さませ。

2022年06月14日

ウイルス感染の診断(セカンドオピニオン)

ウイルス対策ソフトはお使いだと思いますが、ウイルスに感染していないか不安なときがあると思います。

そんな時はマイクロソフトが用意してくれた
Microsoft Safety Scanner でパソコンを診断されてはいかがでしょうか?

Microsoft Safety Scannerは、インストールせずに使える高性能な信頼できるソフトです。
他社のウイルス対策ソフトを使用していても使えます。
普段使っているウイルス対策ソフトのセカンドオピニオンとして利用されてはいかがですか?

  • Microsoft Safety Scanner サイトにアクセスし、[ダウンロード] ボタンをクリックします。
    ほとんど場合は(64ビット)のほうを選んでください。
    もし間違っている場合は以下のようなアナウンスがありますので(32ビット)を選んでください。
  • [ファイルのダウンロード - セキュリティの警告] ダイアログボックスが表示されたら、[実行] ボタンをクリックします。
  • ユーザーアカウント制御の画面が表示されたら、[はい] ボタンをクリックし、続行します。
  • [使用許諾契約に同意します] にチェックを入れて、[次へ] ボタンをクリックし、次に進みます。
  • Microsoft Safety Scanner の開始の画面が表示されたら、[次へ] ボタンをクリックし、次へ進みます。
  • スキャンの種類を選ぶ画面が表示されたら、フルスキャンを選択し、[次へ] をクリックします。
  • スキャンが始まります。(データ量によりますが、相当な時間を要します)
    途中で発見された感染ファイル数が表示されます。
    ただ、この数値はこの時点で疑いがあるファイルのリストアップ数であり、リストアップ完了後に本当の感染ファイルなら削除され、そうでないと判断されると削除されずに終了します。
  • スキャンが終了すると以下の画面が表示されます。
    感染ファイルがあった場合は削除した旨の案内が表示されます。

ご自身で行うのが不安な方は出張サポートをご下命下さませ。

このペーのTopへ

2022年06月09日

ブログ始めました

お客様からのご依頼案件や、気になったことなどを掲載してゆきます。

2022年06月09日